下水道の工事と施工の内容

下水の水道工事について、どういった流れで行われていくのかをあらかじめ把握しておけば、いざという時に戸惑うことは少なくなります。どの水道修理工事業者に依頼するにしても、一連の流れをまずは説明をしてくれるものです。問題ないかを判断するひとつの材料となるのは間違いありません。

■事前の説明から調査を行う

下水の水道工事は、事前に工事の内容や注意点について詳しい説明があります。そして、状況を把握するために調査作業が行われますが、この調査は適切な施工をするために必要なものです。
また、敷地内への立ち入りが必要となるため、家屋の所有者に立ち会いが求められます。その後、水道管やガス管などの状況の確認が行われ、適した場所への設置を行います。

■埋設管移設工事から完了まで

埋設管移設工事を行ってから、下水道の本工事が行われていきます。仮復旧により自然転圧が行われます。その後に舗装復旧工事が行われ、完成検査がされます。合格すれば、公共下水道が使用可能区域となった事を告示し、完了となります。
大掛かりな工事となるからこそ、段階を踏んで説明していくのが基本となります。何か問題がある場合は説明後であっても問い合わせをした方がよいでしょう。

■まとめ
下水の水道工事は、事前に一連の流れを説明をしてもらえます。専門的な知識を有していない方に対しても分かりやすく説明してくれるため、何か分からないことがあればしっかり質問した方がよいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ